間違ったケア方法

そのケア本当に臭いを防止できていますか?

口内の臭いを予防するために人それぞれ行っているケア方法がありますよね。
焼肉の後のガム、食後の歯磨き、たばこの後の消臭スプレー、お酒の後の消臭カプセルなど。
でも、その方法って本当に臭いを解消できているのでしょうか?

実は、臭いの解消になると思っているケア方法の多くは、残念ながら効力が無いのです。
口内の臭いをしっかり解消するためにも、まずは現在のケア方法が本当に正しいのか、チェックする事が大切です。
よくあるケア方法を例に挙げて、どのような効果があるのか、調べてみました。

間違ったケア1:タブレットや消臭スプレー
緊急時にはタブレットや消臭スプレーで臭いを解消したいと思っている方は多いのではないでしょうか。
私もタブレットや消臭スプレーを常に携帯し、人と話す前は必ず愛用していました。でも実際は、単にミントの味などを感じているだけに過ぎず、実際には臭いを解消する効果はありません。
その訳は、タブレットや消臭スプレーでは本来の臭いの原因とされる歯周病が解決できていないためなんです。自分では臭いが無くなったと思っていても、実際は臭いはそのまま残っているんです。

間違ったケア2:消臭カプセル
焼肉やお酒の後の消臭カプセル。CMでは当然のように臭いが解決されました的な内容。
実はこれらは、胃の中から臭いを防止する製品で、お酒の後に利用する方も多いと思います。でも根本的な解決にはならないようです。また、規定量を守らないと副作用があるなど、体質によってはお腹を壊してしまう事もあるそうです。

間違ったケア3:舌苔の掃除
臭い防止のために舌苔(舌)を掃除する方法はよく知られていますよね。
でもこの方法、舌に溜まった歯垢を取り除けるので多少の効果はありますが、強く掃除しすぎると舌乳頭という部分までを削ぎ落としてしまい、口臭を悪化させてしまうそうです。適度な強さで舌苔を掃除しなければ効果は期待できないということですね。

結局、口内の臭いの原因は歯周病にあるということ。根本的なケアをしなければ、消臭できないようですね。

その口臭対策、間違っていませんか?
根本から口臭を解決してくれて即効性も兼ね備えたアイテムって本当にあるの?

結果の出る口臭対策サプリを比較!