歯磨きで口臭対策はできる?

口内の臭いの根本的な原因のほとんどが歯周病。だから、消臭スプレーやタブレットなどでは解消できないということですね。臭いの原因、歯周病を改善しなければ、何の解決にもならないそうです。

臭い解消の基本は歯磨き

では、そんな臭いまで発生させてしまう歯周病と闘うためには何が大切なのでしょうか。
基本は、歯磨きです。

口の中を清潔にして、健康に保ってくれる一番効果的な方法という訳です。よくCMで歯周ポケットまで届く歯ブラシなど宣伝していますよね。デンタル業界でも歯磨きは、歯周病を防いでくれる最善の方法だということが当然のようです。

そもそも歯周病とは一体何なのでしょう。歯周病について調べてみました。
歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間のポケットに侵入し、食べカスをエサとして繁殖を繰り返し、歯周ポケットに歯垢が溜まることで炎症を引き起こしてしまう病気。
そのため、定期的な歯磨きで歯垢をキレイに除去し、歯周ポケットに歯垢が蓄積されるのを防いでしまえば、臭いの原因を防ぐことができるということなんですね。
朝晩の歯磨きだけでなく、一日数回こまめに歯磨きをするだけで歯周病の予防につながり、臭いの発生をしっかり予防する事ができることから、いつも口内の心配をする必要がなくなりますね。

従来の歯磨き粉では予防にならない?

口内を清潔に保ち、臭いを解消するには歯磨きが一番有効的ですが、一般的に売られている歯磨き粉には、根本的な解決ができないそうです。
その訳は、歯周病を改善してくれる有効成分があまり含まれていないからです。
よく見かける製品では、

など、歯の表面を白くしたり、臭いに対抗したり、泡立ちを豊かにしたり、虫歯を防いだりする目的の製品が多く出回っているようです。

では、歯周病を解決するなら、一体どんなものが良いのでしょうか?
一般的な製品に多いのは、デキストラナーゼ酵素、アミノカプロン酸などの添加物によって歯垢を化学的に分解除去させるなどの効果の製品が多いようです。
それ以外では、世界中で使用されている天然の抗菌作用のあるプロポリス配合の歯磨き粉。

天然のプロポリスが、臭いの原因である歯周病を防ぎ、歯や歯茎を健康に保ってくれるそうです。

また、天然成分が使用されているので、口の中でも安心して使えるところがいいですよね。

最近では、矯正治療する方も増え、日本人の歯の意識もだいぶ欧米に近づいてきたようですが、先進国の中ではまだまだ高いほうではないそうです。海外で広く認知されているプロポリス配合の製品で、高いレベルでの歯磨きができればいいですね。

その口臭対策、間違っていませんか?
根本から口臭を解決してくれて即効性も兼ね備えたアイテムって本当にあるの?

結果の出る口臭対策サプリを比較!