発生のメカニズム

人間関係をも左右してしまう臭い

肺呼吸する以上、人間は口や鼻で息をしています。
そして、口内を含めた様々な臓器などに、身体に良い働きをしてくれる細菌、繁殖する際に臭いを出してしまう細菌、病気を引き起こしてしまう細菌など、多くの細菌たちと共存しています。人間の身体はそういった仕組みで外部からの刺激などから守られたりもしていますので、一概に臭うから殺菌してしまえという訳にはいきませんよね。

そもそも臭いとは口内の細菌が作り出すガスと、肺から出ているガスが混じり合って口から出た臭いのこと。と、単純に述べましたが、人間関係を築くときに気になるひとつです。不快な臭いで人間関係を損なってしまうなんて、正直イヤな話です。そうならないように、臭いについて理解して、きちんと予防していくためにも臭いが発生してしまうメカニズムについて調べてみました。

イヤな臭いの原因は?

よくある臭いの原因になるのがやはり、歯周病菌によるもの。
酸素を嫌う嫌気性菌の一つの「真性嫌気性菌」。
毒性を持ち、その毒性で歯と歯茎の間である歯周ポケットを深く掘り下げる悪いヤツなんです。しかも、深く掘り下げられた歯周ポケットに歯石や歯垢が蓄積され、臭いの原因に。また、36度に保たれた口の中では、細菌が剥がれ落ちた粘膜上層細胞や食べ物のカスを分解し、「揮発性硫黄化合物」という臭いの原因物質を発生させてしまうそうです。

口内の臭いの原因物質となる揮発性硫黄化合物は、大きく3種類に分ける事ができます。

1)硫化水素:起床時、空腹時、老化など…生理的な臭いの原因。
卵が腐った時のような臭いを発しますが、生きている人なら誰にでもある臭い。治療の必要ありません。

2)メチルメルカプタン:歯垢が溜まって起こる臭いの原因。
魚や食べ物などが腐敗した時の臭いを発します。

3)ジメチルサンファンド:歯垢が溜まり、歯周病が進行すると増加する臭いの原因。
 生ゴミのような強烈な臭いを発します。

この3種類が、私達が不快だと感じる口内の臭いなんだそうです。

その口臭対策、間違っていませんか?
根本から口臭を解決してくれて即効性も兼ね備えたアイテムって本当にあるの?

結果の出る口臭対策サプリを比較!