舌もキレイに

健康な舌の条件

舌をみると、健康状態がある程度分かるといわれています。
風邪をひいた時などに病院に行くと、口を大きく開けてお医者さんに舌を見せた経験ありますよね。
同様に口腔内の臭いも舌の色や、形、汚れ具合で分かるそうです。

健康な舌の条件は、

腫れている場合、ひび割れているなどの異常がある場合は、舌の病気になっていることがあります。例えば…

また、舌が白くなっている場合は、舌苔が付いているということ。舌苔は臭いに深く関係しているそうなので、歯を磨く時などにチェックすることをオススメします。
※舌苔が厚くなっている場合は、胃腸に問題がある合図かもしれません。

舌苔と臭いの関係

舌が白くなる舌苔とは、一体何でしょう。
その答えは、口腔内の細菌や新陳代謝ではがれた細胞などが付着したもの。
通常、多少の舌苔は誰にでもあるので、問題はありませんが、口内が汚れていたり、体調が悪い時などに増えたりします。舌苔が増えるほど、臭いが強くなるそうなので定期的にお掃除して、臭いを防ぐようにするといいですね。
でも、臭いを気にする人のなかには、舌苔を異常に気にする人がいます。確かに過剰な舌苔は、臭いの原因になりますし、病的なもののようですが、全くない状態も異常なんだそうです。うっすらと白い舌苔があるのが正常な舌。

舌苔の色には、白いものや、黄色いものがあるそうです。
白いものは、代謝の乱れや不規則な生活が表れといわれます。生活習慣を改善したり、正常な唾液が分泌されることによって減ります。
また、黄色いものは、病気や歯周病、それ以外にカレーなどの色素による着色で起こる場合がありますので、心配な場合は病院で相談した方がいいかもしれませんね。

舌のお掃除方法

最近では、舌を傷付けずにお手入れできる舌専用クリーナーという画期的なものが出回っています。
できれば、そういったものを使用することをオススメします。
その理由は、舌の表面を傷めてしまう危険性があるからです。舌の表面には、味蕾という味を感じる神経細胞があります。実はその味蕾という細胞は、力を入れて強くこすったり、必要以上に掃除しすぎると破壊されてしまい、味覚障害などになってしまいます。

専用のクリーナーを用意したら早速、余分な舌苔を取ってみましょう。
舌の奥から前に向かって、かき出すように動かします。
あくまで優しくがモットーです。

また、舌苔除去のタブレットやデンタルリンスなども出回っていますので、上手に利用して臭いを防ぐようにしましょうね。

その口臭対策、間違っていませんか?
根本から口臭を解決してくれて即効性も兼ね備えたアイテムって本当にあるの?

結果の出る口臭対策サプリを比較!