食後の緑茶

緑茶で口内環境を整える

歯磨きで臭いを解消するのは当然だけど、仕事などで忙しい時、歯磨きをする時間が無い場合もありませんか。
例えば、食事後の急なミーティング、お客様が食後直ぐに来社されるなど、率先して会話しなければいけないのに、臭いが気になって喋れない。
そんな時の裏ワザをお教えしましょう。

食後1杯の「緑茶」で解消です。
「今日のご飯、美味しかったね」という食後の満足感を味わうためのお茶タイムではなかったんです。
主な臭いの原因は口内の細菌の繁殖。
緑茶には細菌を殺菌してくれるカテキンと消臭のフラボノイドといわれる成分が入っていて、臭いを予防してくれます。
さらに、カテキンが虫歯の菌までも殺菌してくれるので、虫歯の予防にも。
忙しくて、食後に歯を磨けない方は、緑茶で口内環境を整えてくださいね。

また、フラボノイドという成分は、ウーロン茶や紅茶にも含まれているそうです。
緑茶を飲めない場合でも、とりあえず「ウーロン茶」や「紅茶」があれば消臭は可能。

キツイ臭いを発するニンニクを使った食事。スタミナが付きそうだけど、臭いが気になって食べられない方も多いはず。
そんな方は「牛乳を飲め」…とよく耳にしますよね。実は牛乳は効かないようです。

そもそも、ニンニクの臭いとは、料理してる時、口に運んだ時は食欲をそそる感じだったのに、食べた後になると不快な感じになってしまうこと。
「良い香りの食前」から「クサイ臭いの食後」の原因は、ニンニクに含まれる成分が変身していることだったんです。

生ニンニクには「アリイナーゼ」と「アリイン」と成分が含まれ、ニンニクを切ったり、すりおろしたりすることで、「アリシン」に変身。この時点では「食欲をそそる良い香り」なんです。
でも体内に入って分解されることで、「アリシン」から「アリルメルカブタン」が発生。食後の不快なニンニク臭はこの「アリルメルカブタン」が原因だったんです。

「牛乳を飲めば平気」の牛乳の作用とは一体何でしょう。
胃の中で臭いのもととなるタンパク質や脂肪を包むといわれたり、ニンニクに含まれるアリシンを胃の中で包み込んでくれるといわれたり…。
そもそもニンニクの臭いは「アリルメルカブタン」が原因。なので、臭い解消には効果が無いようです。

その口臭対策、間違っていませんか?
根本から口臭を解決してくれて即効性も兼ね備えたアイテムって本当にあるの?

結果の出る口臭対策サプリを比較!